• 会員の方・既に資格をお持ちの方
  • 一般の方・ご本人とご家族の方
  • 言語聴覚士の資格取得を目指す方
  • 日本言語聴覚士協会について
  • このコーナーのTOP
  • 会員情報提供システム
  • よくある質問
会員の方々へのお知らせのページです。また、言語聴覚士一般に向けた情報もご覧いただけます。
  • このコーナーのTOP
  • 言語・聴覚・嚥下障害でお悩みの方
言語障害や音声障害、嚥下障害などでお悩みでしたら、ぜひ言語聴覚士にご相談ください。
  • このコーナーのTOP
  • 言語聴覚士とは
  • 言語聴覚士の仕事
  • 先輩の声
  • 言語・聴覚・嚥下障害とは
言語聴覚士の仕事はどんなものなのか。どうやったら言語聴覚士になれるのか。また、日本言語聴覚士協会の活動内容などについてご紹介します。
  • このコーナーのTOP
  • 会長あいさつ
  • 定款・設立趣意書・倫理網領
  • 組織図
  • 部・委員会紹介
  • 都道府県士会
  • 協会の事業
  • 役員名簿
  • 活動内容報告
  • 会員動向
当協会は2000(平成12)年に、国家資格を有する言語聴覚士の団体として発足しました。ここでは、当協会の活動をはじめとする様々な情報をご覧いただけます。

協会の事業

音声読み上げ
本協会は、ことばによるコミュニケーションに問題を持つ方々に良質の専門的サービスを提供し、その生活の質の向上と社会参加を支援して いくことを目的のひとつとしています。この目的を実現するために、本協会では言語聴覚士が自由に情報交換をし、ともに研鑚する場面を提供しています。具体的には学術集会や研修会、講演会などの開催、コミュニケーション障害に関する調査・研究、協会ニュースなど刊行物の発行、関連のある諸団体や障害がある方々との連携、交流などで、幅広い活動を積極的に行っています。

日本言語聴覚学会・定時社員総会

毎年学会が開催され、その規模、内容は年々より充実したものとなっています。
また、学会時には定時社員総会が開催され、協会活動に関しての重要な決定がなされます。

全国研修会の開催

基礎講座、専門講座などで最新の情報や具体的な訓練・診断法などを学ぶことができます。全国の中核都市で年2 回ほど開催され、積極的な質疑応答も行われています。また、講習会も随時開催されおり認定コースと専門コースがあります。

学術誌「言語聴覚研究」の発行

各種言語聴覚障害の基礎、および、臨床に関する学術論文を掲載する学術専門誌『言語聴覚研究』を年4回発行しています。研究者はもちろん、臨床現場で活躍する言語聴覚士の方々に参考となる最新の研究や論文が多数掲載されています。

情報誌「ST AND UP」の発行

協会と会員を結ぶメディアとして、情報誌『ST AND UP』を年6回発行しています。言語聴覚士にまつわるトピックや協会活動の紹介、会員へのお知らせなど豊富な情報を掲載しています。

社会活動、学術活動など

言語聴覚士としてのスキルを維持・向上し、障害に悩む方々の期待に応えていくには、つねに最新の知識に触れていく必要があります。そこで当協会では日本言語聴覚学会、全国研修会、認定言語聴覚士講習会、訪問リハビリ管理者研修会、日本発達障害ネットワーク年次大会など、様々な活動を定期的に実施。会員の方々の様々な要望に応えています。

9 月1 日は言語聴覚士の日

日本言語聴覚士協会では、9月1日を「言語聴覚士の日」と定め、様々な広報活動を行なっています。1998(平成10) 年9月1日に言語聴覚士法が施行されたのにちなんだもので、言語聴覚障害や摂食・嚥下障害、そして、言語聴覚士について広く知っていただくことを目的として定められたものです。



このページの先頭へ