HOME > 一般の方ご本人とご家族の方 > 言語・聴覚・嚥下障害でお悩みの方
  • 会員の方・既に資格をお持ちの方
  • 一般の方・ご本人とご家族の方
  • 言語聴覚士の資格取得を目指す方
  • 日本言語聴覚士協会について
  • このコーナーのTOP
  • 会員情報提供システム
  • よくある質問
会員の方々へのお知らせのページです。また、言語聴覚士一般に向けた情報もご覧いただけます。
  • このコーナーのTOP
  • 言語・聴覚・嚥下障害でお悩みの方
言語障害や音声障害、嚥下障害などでお悩みでしたら、ぜひ言語聴覚士にご相談ください。
  • このコーナーのTOP
  • 言語聴覚士とは
  • 言語聴覚士の仕事
  • 先輩の声
  • 言語・聴覚・嚥下障害とは
言語聴覚士の仕事はどんなものなのか。どうやったら言語聴覚士になれるのか。また、日本言語聴覚士協会の活動内容などについてご紹介します。
  • このコーナーのTOP
  • 会長あいさつ
  • 定款・設立趣意書・倫理網領
  • 組織図
  • 部・委員会紹介
  • 都道府県士会
  • 協会の事業
  • 役員名簿
  • 活動内容報告
  • 会員動向
当協会は2000(平成12)年に、国家資格を有する言語聴覚士の団体として発足しました。ここでは、当協会の活動をはじめとする様々な情報をご覧いただけます。

言語・聴覚・嚥下障害でお悩みの方

音声読み上げ

私たちは普段何気なく会話やメール、読書などを楽しんでいます。これらは全て聞こえやことばの機能を使って行われます。したがって、聞こえやことばの障害は目にはみえにくいのですが、社会生活をおくる上で深刻な問題を引き起こします。

言語聴覚障害は多種多様です。代表的な障害としては(1)聞こえの障害、(2)言語機能の障害、(3)話しことばの障害があります。その他、(4)食べたり、飲み込んだりすることの障害があります。

聞こえの障害では、話しことばが聞き取れないためコミュニケーションに問題が生じます。また、自分の話し声も聞き取れないため発音や声の大きさなどが不自然になり、円滑な意思伝達が難しくなります。先天的な聞こえの障害では、障害の程度にもよりますが、そのままでは日本語の習得に困難が生じます。

言語機能の障害には、ことばが年齢相応に育たない「言語発達障害」、“ことばが出てこない、意味がわからない”といった「失語症」があります。その他に記憶や注意、認知などが障害される「高次脳機能障害」も直接的、間接的に言語機能に影響します。いずれも脳の言語機能・高次の認知機能の障害によっておこり、円滑なコミュニケーションや学習、仕事の遂行などに影響を及ぼします。

話しことばの障害には、声のかすれや大きな声が出ないといった「声の障害」、発音が誤ったり歪んだり、呂律がまわらないといった「発音の障害」があります。脳血管障害、腫瘍、声帯ポリープなどさまざまな原因でおこります。不明瞭な発音や不自然な音声は聞き取りにくく、話しことばによるコミュニケーションに影響を及ぼします。

食べ物を噛んだり、飲み込んだりできない状態を「摂食・嚥下障害」といいます。食べ物が肺に入っておこす肺炎や食べ物による窒息など生命に危険を及ぼす可能性のほか、低栄養による体力・免疫力の低下、食べる喜びも失われます。

このように私たちが日常生活を送る上で欠かすことのできない、聞こえやことばの障害、嚥下障害を対象とし、障害のある方を支援する専門職が言語聴覚士です。言語聴覚士は専門知識・技術を用いて検査、訓練、指導・援助を行い、機能の獲得や改善、能力の回復・拡大を図り、障害のある方がよりよい生活を送ることができるように支援します。



このページの先頭へ